人気ブログランキング | 話題のタグを見る

おじさん秀之進の山中リタイヤ生活

hb0926.exblog.jp
ブログトップ

父と暮せば

先日「母と暮せば」を見て興味がわいたので、宮沢りえさんと原田芳雄さんの映画「父と暮せば」を見てみました。

舞台は広島。

こちらの映画は、父が亡霊になって出てきます。

娘(宮沢りえさん)の恋人役が浅野忠信さんで、「母と暮せば」でも原爆で亡くなった息子の恋人(黒木華さん)の結婚相手がやはり浅野忠信さんで、これも何かの縁なのかもしれません。

ほとんどの場面が、宮沢りえさんと原田芳雄さんの会話で進行するわけですが、会話だけなのに、起承転結があってドラマチック。

原爆が、生き残った人間にも深い心の傷を残すことが十分に伝わってきます。

言葉のやり取りの緊張感は、もしかしたら、こちらの映画の方が強いかもしれません。

井上ひさしさんの原作の力でしょうか。

吉永小百合さんの演技にも感動しましたが、こちらの二人も半端ありません。

並の俳優さんじゃ、とても勤まらない役ではなかったかと思います。

特に宮沢りえさん。

広島弁がもうよくって、よくって。

どうして、あんなに自然にできるんでしょう。

不思議でしょうがありません。

「母と暮せば」は、すごくいい映画と思いましたが、「父と暮せば」も負けず劣らずいい映画でした。


トラックバックURL : https://hb0926.exblog.jp/tb/25151637
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dezire_photo.. at 2015-12-14 16:15
タイトル : ミュージカル界のプリンス・井上芳雄の魅力あふれる舞台
ミュージカル『パション』Musical “ Passion“ スティーヴン・ソンドハイムの「Passion」は1994年に初演はブロードウェイで上演されトニー賞を受賞したミュージカルです。この舞台を宮田慶子演出で、日本を代表する俳優・井上芳雄主役で、シルヒセア・クラフ、和音美桜などの日本ミュージカル界の実力派をそろえ、新国立劇場で上演されました。... more
by hb0926 | 2015-12-04 23:52 | 映画 | Trackback(1) | Comments(0)

食事、健康、読書、モンテディオ等をテーマとして、フツーのおじさんによる山中生活を綴ります。


by 秀之進