人気ブログランキング | 話題のタグを見る

おじさん秀之進の山中リタイヤ生活

hb0926.exblog.jp
ブログトップ

またまたまた今週の読書(長い長いお医者さんの話)

K.チャペックの「長い長いお医者さんの話」。
1952年発行の岩波少年文庫版(1001)。

チャペックはチェコスロヴァキアの劇作家・小説家。
ロボットということばを作ったことでも有名。
またまたまた今週の読書(長い長いお医者さんの話)
_b0183808_20562706.jpg

通勤バス車内で何げに読み始めたところ、だんだんと夢中になり、いつの間にか読了。

いわゆる童話ではありますが、どこにでもいるような人間や動物が主人公なのに、じつに独創的で、ファンタジックで、かつ作者の眼差しが暖かく、ついつい引き込まれてしまう内容。

こんな童話、今まで読んだことありません。


訳者の中野好夫さんは英訳本から翻訳されたようですが、さすが大巨匠、読みやすくてわかりやすい文章は、この本の価値を一層高めているような気がします。

いわゆる童話集ですが、掛け値なしに面白いと思った本であり、当ブログで紹介するとともに、興味がおありの方にはおすすめしたいと思います。


(追記)

1952年の発行以来、1990年までで43刷。
世間の目は正直。
今は第何刷になっているのでしょう?

トラックバックURL : https://hb0926.exblog.jp/tb/30095284
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hb0926 | 2020-06-08 20:51 | 読書 | Trackback | Comments(0)

食事、健康、読書、モンテディオ等をテーマとして、フツーのおじさんによる山中生活を綴ります。


by 秀之進